HOME>レポート>子宮筋腫の手術は保険が適用されているから安心

子宮筋腫の手術は保険が適用されているから安心

ドクター

内診や超音波検診を行う

子宮筋腫は子宮の筋肉にできる良性の腫瘍のことです。一か所だけでなく、複数の筋腫ができるケースもあります。30代から、40代ぐらいの人に多い病気ですが、女性ホルモンが影響していると言われています。子宮筋腫のよく見られる自覚症状には月経の異常があります。経血の量が増えたり、レバーのような塊が見られたりするようになります。下腹部に痛みを感じたり、膀胱を圧迫して尿が近くなったりすることもあります。産婦人科のクリニックでは内診や超音波検診などで発見されることが多いです。比較的筋腫が小さく、自覚症状が少ない場合は、内服薬を処方してくれるのでしばらく続けてみると良いでしょう。更年期を過ぎて閉経をすると筋腫が小さくなることが多いです。

聴診器

保険適用が受けられます

子宮筋腫は筋腫が大きい場合は、子宮を全摘出する手術を行う場合があります。筋腫が小さい場合は、こぶの部分だけを切除することも可能です。子宮を残すことができるので、手術後も月経はきますし、妊娠、出産も可能です。産婦人科のクリニックによっても手術の費用が違ってきますが、保険適用が受けられるので、安心して治療が受けられます。比較的筋腫が小さい場合は内服薬を処方してくれます。内服薬は多少の副作用があるので、長期的な服用はさせていない医師が多いです。現代は費用を抑えて体に負担の少ない治療が受けられるので、医師に相談してみると良いでしょう。現代は開腹をせずに腹腔鏡を使った手術を行うケースも増えています。子宮筋腫は誰でも罹る可能性があるので、定期的に検診を受けましょう。

広告募集中