>特集>産婦人科の存在は知っておいたほうがいい!女性を助ける医療機関

女性のために診療科目

女性の体は、男性よりもデリケートといわれています。女性の体は、毎月月経で女性ホルモンのバランスがおかしくなるため、体調も安定しにくいといわれています。ですから、女性特有のつらい症状や妊娠したときに頼る産婦人科の存在はとても大事なのです。

改めて知りたい産婦人科で受けられる治療について

考える人

妊娠の疑いがあるときは…

生理が遅れている…というときは、妊娠している可能性があります。そういったときは、産婦人科へ行って検査する必要があります。最近は、お金がなくて産婦人科に行かない野良妊婦が増えてきています。ですが、お金がなくても産婦人科に行かなければ赤ちゃんだけでなく母体にも悪いので必ず行きましょう。

生理不順や月経過多

生理不順や月経過多は、子宮に問題がある可能性があります。子宮筋腫などの子宮の病気が起こっている可能性があり、放置し続けると命に関わることがあるので、早めに産婦人科で診てもらいましょう。低用量ピルなどを使って生理の周期を整えて月経異常を改善することができます。生理痛が酷い人もピルで改善できるので、産婦人科に相談してみてください。

更年期障害の治療

更年期障害は、閉経した女性や自律神経が乱れている女性に発症する病気です。更年期障害の症状は、生活に支障が出るほど酷くなります。最悪入院になることもあるので、体がほてったり汗が多くなったりするホットフラッシュやイライラして情緒不安定になるなどの症状が起こるときは梅田の産婦人科に行って治療を受けたほうがよいでしょう。

産婦人科の存在は知っておいたほうがいい!女性を助ける医療機関

看護師

肉割れは産婦人科で治療できるのか?

妊娠したことで皮膚に発生した肉割れは、産婦人科で治療できると思い込んでいる人も多いかもしれません。しかし、産婦人科で肉割れの治療は受けられません。できたとしても、肉割れが起こらないようにケアの方法を教えてくれる、肉割れが消えるかもしれないクリームを教えてくれるなどの対処法のみだといわれています。肉割れの治療を受けたいのなら、皮膚科や美容外科などで受けることになります。

広告募集中