子どもを授かるための治療

現代には、不妊で悩んでいる夫婦がとても多いといわれています。これは、30代以上になってから結婚する晩婚化が進行しているからだといわれています。人間の体は、年を重ねれば重ねるほど老化が進行するため、子どもを授かるのが難しくなってきます。そのため、妊娠を望んでもなかなかできない…という状況になっています。

女性にとって大切な病院「産婦人科」について知ろう

看護師

女性に欠かせない病院とは

女性の体は、とてもデリケートです。妊娠したらさらにデリケートになるので、何かあったときに頼る産婦人科について知っておいたほうがよいでしょう。産婦人科では、妊娠中の女性だけでなく女性に関わる治療を行なっています。

詳しくはこちら

不妊治療を受けるときは…

不妊治療のイメージ的に女性に問題があるといわれることがまだあります。しかし、現代は男性不妊も多くなってきており、不妊治療を受けるのなら夫婦二人が推奨されています。実際に病院では、夫婦二人で来てほしいとお願いするところだってあります。不妊治療はどちらかの問題だからという認識はやめて、二人で子どもを授かるための治療を受けるという認識にしたほうがよいでしょう。

体外受精で気を付けたいことは?妊活は効果があるの?

妊婦

妊活しながら体外受精を

体外受精は、体の外で受精させて子宮に戻し着床させて妊娠する不妊治療です。これは、ポピュラーな不妊治療となってきており、昔に比べて妊娠する確率が高くなっています。しかし、子宮に戻したときに着床させなければ意味がないので、妊活して妊娠しやすい体にすることは必要です。

ストレスを抱えこまない

妊娠することは、とてもデリケートなため体外受精しても妊娠できないこともあります。そうなると焦りやストレスを感じて、体の状態が悪くなり余計に妊娠しにくい体になることも。ですから、妊活中や不妊治療を行なっているときは、ストレスを抱えこまないようにしましょう。

妊活マカはおすすめ

マカといえば男性を思い浮かべるかもしれませんが、女性にもマカは高い効果を期待できます。妊活マカサプリを服用することで、女性ホルモンのバランスが整って排卵の周期が正常になります。そうなると妊娠しやすくなりますし、体外受精するときも着床しやすくなります。

卵子提供も可能である

卵子ができない体質の場合、第三者から卵子提供してもらうこともできます。日本では、条件付きで卵子提供を受けて体外受精することができます。ただし、条件に満たしていない場合は卵子提供を受けられないので別の方法で子どもを授かるようにしなければいけません。

体外受精なら高確率で妊娠ができる!知って損しない不妊治療

ウーマン

妊娠できたら体調管理をしっかりと

体外受精が成功して無事妊娠できたら、体調管理をしっかりしましょう。妊婦の体はとてもデリケートなため、ちょっとしたことで体に負担がかかることがあります。せっかく授かった命なので、大事に育てるためにも妊婦の体に必要なカルシウムや葉酸などを摂るようにしてみてください。そうすることで、元気な赤ちゃんを産める体を作りやすくなります。

[PR]
卵子提供の情報を徹底解説☆
不妊の悩みを解消しよう♪

広告募集中